« シトロエンエグザンティア アキュームレータ交換など | トップページ | シトロエンエグザンティア エンジンオイル交換など »

2006年4月19日 (水曜日)

シトロエンエグザンティア ウォーターポンプ交換など

納車整備中のシトロエン エグザンティア SXの作業の続きです。
ジャンル別に分けるなら、今回はエンジン編でしょうか。
Dsc02609
ウォーターポンプを交換する為、ラジエタークーラントを抜きます。
Dsc02613
ドライブベルト テンショナーを外して、ドライブベルトも外します。
Dsc02621
下のカバーがはずれ、タイミングベルトが見えました。
ウォーターポンプにクーラント漏れの形跡があります。あまり褒められたことではないですが、よく見られる光景です。
Dsc02624
新しいクランクプーリーを取付けして、クランクの位置出しをします。
新しいクランクプーリーを使うのは、正しいクランク位置を出す為です。
Dsc02622
新旧のクランクプーリーです。やはり古いクランクプーリーは、位置決めピン穴の位置がずれていました。
新しいクランクプーリーを用意しておいて正解でした。
Dsc02626
クランクの位置が決まったら、タイミングベルトにマーキングして外します。
Dsc02633
タイミングベルト、テンショナー、ウォーターポンプがはずれました。
Dsc02638
左が新品、右が使用済みのウォーターポンプです。
形状は同じですが、プロペラの材質がブラスからプラスチックに変わっていました。
Dsc02643
こちらは、タイミングベルトとテンショナーです。これらの部品もセットで交換します。
Dsc02646
ウォーターポンプ、テンショナーが付きました。
Dsc02651
タイミングベルトを掛けて、クランクプーリーを付け、バルブタイミングを確認します。
Dsc02657
もう一度クランクプーリーを外しカバーを取り付け、外した部品を元通りに組み付けていきます。
Dsc02660
ドライブベルトも交換しました。
Dsc02671
最後にクーラントを補充して、ラジエターのエア抜きをします。

これで次のタイミングベルトの交換時期が来るまで安心して乗ってもらうことができます。

|

« シトロエンエグザンティア アキュームレータ交換など | トップページ | シトロエンエグザンティア エンジンオイル交換など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/9676125

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンエグザンティア ウォーターポンプ交換など:

« シトロエンエグザンティア アキュームレータ交換など | トップページ | シトロエンエグザンティア エンジンオイル交換など »