« シトロエンC2 トランクカーペット剥がし | トップページ | ルノーサンク エンジンオイル交換など »

2006年4月 1日 (土曜日)

ルノー21 ターボ用オイルホース

Dsc01924
ターボ用オイルホースからオイル漏れがあるルノー 21 ターボですが、EARL’Sさんと検討した結果、EARL’Sの部品を使って修理することになりました。
修理に必要なパーツが揃ったので、早速ホースを改造します。
Dsc02003
新しい耐圧ホースに、パイプと接続用のフォージを取り付けます。タービン側のフランジは再利用するので、フォージと接続できるようにパイプを切断します。
Dsc02012
切断したパイプは特殊工具を使ってフランジ加工します。
Dsc02016
加工したホースが取付けできるように、エンジン側にもアタッチメントを取付けしました。
Dsc02018
フレア加工したフランジパイプと、フォージの付いたホースを接続します。フォージと反対側のホースエンドにはスイベルシールを取付けして、オイルホースの完成です。
角度や長さが若干違いますが、取り回しを変更して車両に取付けします。

|

« シトロエンC2 トランクカーペット剥がし | トップページ | ルノーサンク エンジンオイル交換など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/9386582

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー21 ターボ用オイルホース:

« シトロエンC2 トランクカーペット剥がし | トップページ | ルノーサンク エンジンオイル交換など »