« 臨時休業のお知らせ | トップページ | プジョー106 エンジンオイル交換 »

2006年4月 5日 (水曜日)

シトロエンCX エンジンオイル漏れ修理

Dsc02132a
シトロエン CX 25GTiのエンジンオイル漏れ修理をしました。
Dsc02136
オイル漏れしているのはプラグホールシールです。
タペットカバーをはずすために邪魔になるインテークエアコレクターをはずします。
Dsc02139
エアコレクターがはずれて、タペットカバーがよく見えるようになりました。
プラグホールからエキマニの遮熱板に向かってオイルが流れた跡が付いています。
Dsc02141
タペットカバーがはずれました。
エキゾースト側のロッカーシャフトが斜めになっていて独立しているのが特徴的です。
Dsc02145
はずしたタペットカバーの内側です。
プラグホールシールは硬化していて、剥がすとバラバラになってしまいました。
Dsc02150
ガスケットを剥がしてきれいになったタペットカバーです。
タペットカバーパッキンとプラグホールシールを交換してエンジンに取付けします。
Dsc02154
エンジンにタペットカバーが付きました。
あとははずした部品を元通りに取付けしていって、オイル漏れが止まっていることを確認して終了です。

|

« 臨時休業のお知らせ | トップページ | プジョー106 エンジンオイル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/9452866

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンCX エンジンオイル漏れ修理:

« 臨時休業のお知らせ | トップページ | プジョー106 エンジンオイル交換 »