« シトロエンXm ブレーキディスクローター交換 | トップページ | シトロエンC3 エンジンオイル交換 »

2006年3月13日 (月曜日)

シトロエンエグザンティア スフェア交換

DSC01473a
CITROEN Xantia TURBO CT ACTIVAのスフェアを交換しました。
DSC01476a
このクルマにはたくさんのスフェアが使用されていますが、今回交換したのはリア アンチシンク スフェアとリア レギュレータ スフェアです。
上の写真はリアの足回りですが、写っているだけで5つのスフェアが見えます。
DSC01477
アンチシンク スフェアが外れたところです。スフェアと接続されているパイプの間には、パイプシールが使われているので、そのパイプシールも交換します。
DSC01486
レギュレータ スフェアが外れました。アンチシンク スフェアは新品が取り付けされています。
xantia
手元の資料では、ACTIVAのリア レギュレータ スフェアは55barのはずですが、なぜか現車には70barのものが取り付けされていました。過去に手違いで間違ったスフェアを取り付けされてしまったのでしょう。
SC.CAR = SYSTEM CITROEN DE CONTROLE ACTIF DU RUOLIS - ACTIVE ROLL CONTROL SYSTEM
AR = ARRIERE - REAR
DSC01493
左が古いスフェア、右が正規品の新しいスフェアです。
比較してみると圧力だけでなく、オリフィスの径も違うことがわかります。
取り付けネジピッチはどのスフェアも同じなので、スフェアを間違っても取り付け出来てしまいます。スフェアには圧力値が刻印されているので、取り付け時にしっかり確認しましょう。
DSC01495
新しいレギュレータ スフェアが付きました。
メイン アキュームレータに圧力をかけ、ハイドローリックシステムのエア抜きをして作業終了です。
これで本来のACTIVAの乗り心地に戻ったことになります。

|

« シトロエンXm ブレーキディスクローター交換 | トップページ | シトロエンC3 エンジンオイル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/9076741

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンエグザンティア スフェア交換:

« シトロエンXm ブレーキディスクローター交換 | トップページ | シトロエンC3 エンジンオイル交換 »