« ルノーメガーヌ メーター交換など | トップページ | マツダプレマシー 板金修理完成 »

2006年2月 3日 (金曜日)

ルノーメガーヌ エンジンマウント交換

DSC00731a
ルノー メガーヌ セニック RXEの納車整備の続きです。
今日はエンジンマウントを交換しました。
DSC00713
まずはエンジンマウントをはずします。
プラスチック製のカバーをはずして、ブラケットをはずしていきます。
DSC00716
ブラケットをはずしたら、エンジンマウントが見えてきました。
DSC00720
古いエンジンマウント(右)と新品のエンジンマウント(左)です。
古いエンジンマウントはゴムが縮んでしまっているのがよくわかります。
DSC00727
新しいエンジンマウントを取り付けします。
仮付けして位置を決めたら、最後にボルトを締め付けていきます。
エンジンマウントを取り付けしたら、あとははずした部品を元通りに取り付けして作業終了です。

中古車なので、新車のように完璧ではありませんが、消耗品を交換したり、不具合部分を改善することで、良い車に仕上げることができます。
これでセニックの納車整備は終了です。あとは車庫証明が出るのを待って、名義変更をするだけです。

|

« ルノーメガーヌ メーター交換など | トップページ | マツダプレマシー 板金修理完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/8497403

この記事へのトラックバック一覧です: ルノーメガーヌ エンジンマウント交換:

« ルノーメガーヌ メーター交換など | トップページ | マツダプレマシー 板金修理完成 »