« プジョー206 エンジンオイル交換 | トップページ | シトロエンC2 ステアリング交換 »

2006年1月14日 (土曜日)

シトロエンエグザンティア エンジン不調修理

DSC00289
エンジン不調で修理入庫中のシトロエン エグザンティア ブレークのシリンダーヘッドがはずれました。
DSC00291
はずれたシリンダーヘッドを裏から見たところです。
2番3番の間が黒くすすけてガスケットが抜けていたのがわかります。
DSC00287
こちらがそのガスケットです。2番3番シリンダーの間の部分が崩れてなくなってしまっています。これでは圧縮が確保できずエンジンの性能が発揮できません。

シリンダーヘッドガスケットやウォーターポンプ、タイミングベルトなどを交換して元通りに組みつけていきます。

|

« プジョー206 エンジンオイル交換 | トップページ | シトロエンC2 ステアリング交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/8167066

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンエグザンティア エンジン不調修理:

« プジョー206 エンジンオイル交換 | トップページ | シトロエンC2 ステアリング交換 »