« フォルクスワーゲンゴルフ ヘッドランプ交換他 | トップページ | プジョー106 スパークプラグ交換 »

2006年1月 7日 (土曜日)

フォルクスワーゲンゴルフ ATオイルパンパッキン交換

DSC00111a
車検整備中のフォルクスワーゲン ゴルフ カブリオのオートマチック オイルパン パッキンを交換しました。
この車のオートマチック ギアボックスにはドレンプラグがないので、オイルは上から抜きます。
DSC00116
フロントカバーをはずして、オイルパンをはずします。上手に作業しないと、オイルパンに残っているオイルがこぼれてしまいます。
オイルパンのはずれたギアボックスの中に見えるのはバルブボディーです。
DSC00124
はずしたオイルパンをきれいにしたら、パッキンを交換して元通りに戻します。フロントカバーを取り付けして、ATオイルを補充して終了です。

それにしても、なぜドレンプラグがないのでしょう?オイルパンが真下を向いているこの構造だと、簡単にドレンプラグをつけることが出来ると思うのですが不思議です。

|

« フォルクスワーゲンゴルフ ヘッドランプ交換他 | トップページ | プジョー106 スパークプラグ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/8051760

この記事へのトラックバック一覧です: フォルクスワーゲンゴルフ ATオイルパンパッキン交換:

« フォルクスワーゲンゴルフ ヘッドランプ交換他 | トップページ | プジョー106 スパークプラグ交換 »