« 移転抹消手続 | トップページ | プジョー106 ブレーキメンテナンス »

2005年12月 9日 (金曜日)

プジョー106 クーラント交換

DSC095411
プジョー106 S16のクーラント交換をしました。
ラジエターのドレンプラグを開いて、クーラントを抜いているところです。
DSC09543
クーラントを補充して、ラジエターのエア抜きをします。
クーラントは濃度によって、凍結温度が違います。クーラントの種類にもよりますが、30%の濃度で約-15度が目安です。
冬場に冷却水を凍らせてしまうと、エンジンに重大なダメージを与えてしまいますので、特にこれからの季節はクーラントの濃度に注意しましょう。

|

« 移転抹消手続 | トップページ | プジョー106 ブレーキメンテナンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/7546016

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー106 クーラント交換:

« 移転抹消手続 | トップページ | プジョー106 ブレーキメンテナンス »