« フィアットパンダ タイミングベルト交換など | トップページ | フィアットパンダ イグニッションコイル交換 »

2005年12月15日 (木曜日)

フィアットパンダ モチュールケアシステム

フィアット パンダ 4x4のメンテナンスの続きです。
DSC09684
今日は、モチュール・ケア・システムを実施しました。
モチュール・フューエル・システム・クリーンと、モチュール・エンジン・クリーンを使ってエンジン内部を洗浄します。
DSC09692
モチュール・エンジン・クリーンを使用した後は、エンジンオイルとオイルフィルターを交換します。
DSC09688
この車のエンジンドレンプラグはワッシャーを使用しないテーパーネジタイプです。閉め付ける前にシールテープを巻いておきます。
DSC09676
タイミングベルト交換などで、はずしていた部品を全て元通りに戻して、最終チェックをして完成です。
入庫時はブスブスと吹け上がらなかったエンジンも、調子よく回るようになりました。

が、試運転中に新たな問題が…。
調子よく走っていたら、急にまたエンジンが吹けなくなりました。原因を調べてみたら、2番3番のスパークプラグに火が飛んでいませんでした。走行中にイグニッションコイルがだめになってしまったようです。

修理完了かと思っていたのですが、新たな問題発生です。
早速、新しいイグニッションコイルを手配して、部品の入荷待つことにします。

|

« フィアットパンダ タイミングベルト交換など | トップページ | フィアットパンダ イグニッションコイル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/7654195

この記事へのトラックバック一覧です: フィアットパンダ モチュールケアシステム:

« フィアットパンダ タイミングベルト交換など | トップページ | フィアットパンダ イグニッションコイル交換 »