« プジョー106 バッテリー交換 | トップページ | シトロエンクサラ 電気系トラブル »

2005年12月 6日 (火曜日)

フィアットパンダ エンジン不調点検の続き

DSC09438
エンジン不調で入庫中のフィアット パンダ 4×4の点検の続きです。
他の作業と平行しながらなので、なかなか思うように進みません。
DSC09420
エアクリーナーをはずして、スロットル周辺を見てみます。キャブレターのように見えるのはモノポイントインジェクション式のスロットルボディーです。インジェクターが真っ黒に汚れているのがわかります。
DSC09432
下からも点検します。
エンジン不調とは直接関係ありませんが、ベルトが傷んでいて亀裂が入っているのを発見しました。
DSC09429
ゴム類の傷みが激しいようなので、もしやと思いタイミングベルトを見てみたところ、劣化してひびだらけになっていました。上の写真でわかるでしょうか?これはタイミングベルトがコマ飛びを起こしている可能性があります。
DSC09441
クランクプーリーをはずして、バルブタイミングを点検します。
1番シリンダーの圧縮上死点を出して、カムシャフトのスプロケットの角度を点検したところ、見事にバルブタイミングがずれていました。
このエンジンはバルブタイミングがずれても、バルブクラッシュしないので大事に至らずに済みましたが、これではエンジン不調になるのも当然です。

部品を手配して準備が整ったら、タイミングベルト交換、バルブタイミング調整などの作業をしていくことにします。

|

« プジョー106 バッテリー交換 | トップページ | シトロエンクサラ 電気系トラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/7495405

この記事へのトラックバック一覧です: フィアットパンダ エンジン不調点検の続き:

« プジョー106 バッテリー交換 | トップページ | シトロエンクサラ 電気系トラブル »