« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金曜日)

シトロエンC4 エンジンオイル交換

DSC07838
シトロエンC4 2.0 エクスクルーシヴがエンジンオイルとオイルフィルターの交換で入庫しました。
DSC07845
オイルフィルターはインテークマニホールドの下側に位置します。作業にはちょっとだけエアコンホースが邪魔になります。上からアクセスしてキャップを緩めておいて、下から手を伸ばしてはずしてやるとスムーズに作業できます。
DSC07852
中のフィルターだけ交換するインナーカートリッジタイプです。一体型のオイルフィルターはケースが金属製で、中のフィルターは紙なので、分別処理する必要がありますが、このタイプはその必要がなく環境に優しいといわれています。
フィルターにはゴムパッキンが付属しています。ゴムパッキンの交換も忘れないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木曜日)

ルノークリオ 新規登録

DSC078591
ルノー クリオ RS Team182のリサイクル料金預託証明書が届いたので、午後から運輸支局へ新規登録に行ってきました。
並行輸入車ならではの諸元表の作成や、予備検査などの過程を経て、今日無事にナンバーが付きました。

陸揚げされて税関を通ってから1ヶ月弱、目の前に車がありながら乗れない情況が続いたため、オーナーさんにはやきもきさせてしまいましたが、夜、無事に納車を済ませました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラゴスタ バネレート変更

DSC07818
ルノー アルピーヌ V6ターボ用アラゴスタ サスペンションキットのスプリングを交換しました。オーナーの好みで、スタンダードでセットされているスプリングよりも、フロント、リアともに約2倍のバネレートのものに変更しました。
上の写真はフロントショックです。左が元々セットされていたスプリング、右が約2倍のバネレートのスプリングです。自由長は同じですが、線径が太くなっているのがわかります。
DSC07835
組み付け終わったショックです。左がフロント用、右がリア用です。両外側に置いてあるのが、元々セットされていたスプリングです。線径の違いがわかるでしょうか?リアは元々プログレッシブだったのがストレートに変わっているのがわかります。

とりあえず、ショックとスプリングを組んだ状態で置いておいて、車両が入庫次第交換作業を実施する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水曜日)

シトロエンXantia クランクプーリー交換

DSC07775
シトロエン エグザンティア ブレークのクランクプーリーとドライブベルトを交換しました。
作業は右フロントホイールハウス内へアクセスします。
DSC077791
左が古いクランクプーリー、右が新しいクランクプーリーです。黄色い矢印のキー溝の向きを合わせて並べて見ると、青い矢印の穴の位置がずれているのがわかります。これはクランクプーリーの内側と外側が滑っている証拠です。この穴はタイミングベルトを交換する際に、クランクシャフトの位置決めをするのに使う穴なので、ずれてしまってはいけません。
古いプーリーをよく見てみると、インシュレーター部分にひびが入っているのがわかります。インシュレーターの劣化が進むと、最悪の場合クランクプーリーが壊れてしまいますので、そうならないように点検をしましょう。
DSC07789
ドライブベルトに亀裂があったので、ベルトも新しいものに交換しました。
このエンジンは1本のベルトで、ハイドロハイポンプ、オルタネーター、エアコンコンプレッサーを回しています。クランクプーリーやドライブベルトが損傷すると、エンストしたり、最悪の場合はブレーキが効かなくなる恐れがあるので注意が必要です。
DSC07794
新しいクランクプーリーとドライブベルトを組み付け、テンションをかけたところです。作動チェックしてマッドガードとタイヤを元に戻して作業完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火曜日)

ルノークリオ 予備検査

DSC077651
昨日午後5時過ぎに、陸運支局から並行輸入自動車の認可が下りたという連絡があったので、すぐに検査予約を入れて、本日、ルノー クリオ RS Team182の予備検査を受けに行ってきました。
隣りに並んでいるのは、継続検査のシトロエン クサラ ブレークSXです。
DSC07766
通常の検査に加え、車両重量やボディーサイズなどを実測するので、測定ラインで計測を受けます。
今日は、非常に混雑していたせいか、細かいチェックはされませんでした。もっとも、不備は無いので細かくチェックされても平気だったんですが。
通常よりちょっとだけ面倒くさい書類を提出して、無事、予備検査証を受け取ることができました。
DSC07753
自動車リサイクル促進センターから、リサイクル料金預託の振込用紙が届いたので、さっそくリサイクル料金を振込みしました。あとはリサイクル料金預託証明書が届くのを待っていよいよ新規登録します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シトロエンXsara 継続検査

DSC077641
運輸支局で、シトロエン クサラ ブレークSXの継続検査を受けてきました。
新しい車検証をもらって店に戻ってきたら、そのまま納車というスピード車検でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月曜日)

シトロエンXantia LHMリターンホース交換

DSC07701
シトロエン エグザンティアV-SXのLHMリターンホースを交換しました。まずはLHMリザーバータンクを外します。
DSC07720
交換するホースをどんどん外していきます。あちこち枝分かれしていたり、入り組んでいたり、ゴチャゴチャしていて大変です。
DSC07730
1本ずつ地道に作業して、だんだんすっきりしてきました。
DSC07737
下側からも作業します。
DSC07740
LHMタンクを外したついでに、LHMフィルターを清掃します。フィルターはインテークフィルターとフィードバックフィルターの二つがあります。
写真はフィードバックフィルターで、タンクに戻ってきたLHMオイルのゴミを取り除く役目をしています。
DSC077451
元通りに組み付けして、LHMオイルを補充。ブレーキのエア抜きをしてLHMの漏れがないか確認したら作業終了です。

LHMリターンホースは古くなると、劣化して亀裂が入ったり切れたりしてLHM漏れの原因になります。
新しいLHMホースには弾力があります。LHMオイルが漏れ始めてからでは手遅れです。トラブルになる前に点検しておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シトロエンXsara クーラント交換

シトロエン クサラ ブレークSXのラジエタークーラントを交換しました。
DSC07676
ラジエターのドレンプラグをあけて、古いクーラントを抜いているところです。ドレンプラグがない車の場合は、ロワーホースを外します。
DSC07698
水道水でクーリングシステム内を洗浄したあと、クーラントを補充してエア抜きをします。この車のエア抜きバルブは、ヒーターホース、サーモスタット横、ラジエターの3箇所にあります。
水温が上がるのを待って、電動ファンが正常に作動するのを確認して作業終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時休業のお知らせ

明日、9月27日(火)12:00~17:00の間、留守にします。
御用の方は、ご来店前にお電話ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日曜日)

シトロエンXsara ドラムブレーキ点検

DSC07650
シトロエン クサラ ブレークSXが車検整備で入庫しました。
DSC07653
この車のリアはドラムブレーキです。ドラムを外して、ホイールシリンダーにブレーキフルード漏れがないか点検しているところです。
DSC07660
こちらはドラムです。ディスクローターやライニングと同じで、ドラムも消耗品です。「MAXI DIA 230MM」というのは、内径230mmが磨耗限度ということです。内径を測定して、必要であればドラムを交換します。ちなみに、この車はまだ交換の必要がありませんでした。
ドラムの内側とライニングにペーパーを当ててから、元通りに組み付けます。

その他、記録簿に準じた点検や、依頼のあった作業を実施していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土曜日)

ルノークリオ タワーバー取り付け&ステアリング交換

ルノー クリオ RS Team 182が軽いモディファイの実施で入庫しました。
DSC07626
フロントストラット アッパーブレースバーを取り付けしました。
エンジンルーム内に映える真っ赤なブレースバーはOMP製です。左右のインナーフェンダーをつなぐことで、たわみを抑えて、ボディー剛性を確保します。
DSC07627
ステアリングを交換しました。上の写真はステアリング中央のエアバッグを外したところです。
DSC07632
エアバッグキャンセラーと、ホーンボタンの配線加工をして、新しいステアリングを取り付けしたところです。
写真のステアリングは、OMPの「Velocita 04」というタイプです。ブラックのほかに、グリップ部分が、レッド、ブルー、シルバーになっているツートーンカラーのものもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水曜日)

シトロエンXantia 継続検査

DSC07854
運輸支局でシトロエン エグザンティア ブレークの継続検査を受けてきました。
ついでに、下取り入庫した車の移転抹消など、事務仕事もしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並行輸入車の自動車リサイクル料金

今年から自動車リサイクル法が施行され、新規登録や継続検査の時に、リサイクル料金の支払いをしないと、車検証が交付されなくなりました。
DSC076111
現在、新規登録に向けて準備を進めているルノー クリオ RS Team182も例外ではありません。

リサイクル料金は、自動車メーカーや輸入業者各社が金額を公表していますが、並行輸入車の場合はそれに該当しないので、自動車リサイクルセンターに郵便で問い合わせをして金額を確認しなくてはいけません。
予備検査を受けた後、再資源化預託金等預託申請書とともに予備検査証の写しを提出し、リサイクル料金を預託するのが一般的のようですが、まだ並行輸入自動車届出書を提出中の状態で、予備検査を受けることができません。
新規登録までの期間をなるべく少なくするため、予備検査証の代わりに、並行輸入自動車届出書の写し、自動車通関証明書の写し、自動車排出ガス試験結果成績表の写しを添付して再資源化預託金等預託申請書を郵送で提出しました。

リサイクル料金を預託し、並行輸入自動車届出書の認可が下りたら、いよいよ登録です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LATIN FESTA 2005 ROUND 5&6 参加者募集

DSC06599
イタリア車・フランス車のサーキットイベント”ラテンフェスタ” その第5戦・第6戦が9月25日(日曜日)に岐阜県瑞浪市にあるYZサーキットで開催されます。本当ならもう締め切りを過ぎてるのですが、ちょっと集まりが悪いようなので、今からでもまだエントリー間に合います。「我こそは!」と思ったあなた、今すぐエントリーしてください!
また当日は観戦自由です。観戦はもちろん無料です。自分で走るのはちょっと…と言う方でも見学大歓迎です。ぜひ次の日曜日はYZサーキットまで足を運んでみてください。もしかしたら、ファミリーランで無料でサーキット走行が体験できちゃうかも知れませんよ!?

詳しくはこちら→”LATIN FESTA OFFICIAL SITE

(写真は前回7月31日に美浜サーキットで開催されたときのものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火曜日)

シトロエンCX エンジンマウント交換

DSC07550
シトロエン CX 25GTiのエンジンマウントとATミッションマウントを交換しました。
DSC07555
交換前のミッションマウントです。重みでゴム製のインシュレーター部分が変形しているのがわかります。よく見ると、細かいひびがあるのもわかります。
DSC07568
交換後のミッションマウントです。まだ新しいのできっちり真ん中に保持されています。
DSC07580
上側のエンジンマウントも交換しました。新旧の部品を比較してみたところ、古いマウント(写真左側)はゴム部分が裂けていました。
DSC07585
新しいエンジンマウントを取り付けして上から見たところです。
このエンジンマウント部品は本来はディーゼルエンジン用ですが、インシュレーター部分がガソリン車用よりも小さいため、カッチリしていて評判がよいようです。
今回交換したこの車両の古い部品も、ディーゼル用が使用されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルノークリオ 予備検査準備

DSC07539
新規登録予定のルノー クリオ RS team 182の予備検査に向けて、機能部品のチェックとナンバーステーの取り付けをしました。ヘッドランプは本国で出荷前に左側通行用に交換してあるので車検対応済みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月曜日)

MCCスマート エンジンオイル交換

DSC07527
スマートがエンジンオイル交換で入庫しました。
DSC07531
プラスチック製のインテークマニホールドに「Smart Engineered by Mercedes-Benz」と書いてあるのがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シトロエンXantia スチーム洗浄

DSC075251
車検で入庫中のシトロエン エグザンティア ブレークのエンジンルームと足回りのスチーム洗浄をしました。
油汚れや泥汚れを専用洗剤を使ってきれいに洗い流します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土曜日)

シトロエンXantia 車検整備開始

DSC074751
板金修理に出していたシトロエン エグザンティア ブレークが板金が終わって戻ってきました。
これから車検整備で、タイヤ交換やエンジンオイル交換を実施します。

他にも12ヶ月点検のシトロエン エグザンティアや車検のシトロエン CX、新規登録のルノー クリオなどの作業を同時進行で進めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルピーヌA610 スタビブッシュ修正

ここのところ、登場回数の多いルノー アルピーヌ A610ですが、サスペンションスプリングを交換して試運転していたところ、リアの足回りからコトコトという異音が発生しているのが気になりました。
DSC07466
音の原因を調べてみたところ、リアスタビライザーの右側のブッシュがずれて外れていました。これではマウントの中でスタビが遊ぶので、コトコトと異音が発生してしまいます。
DSC07468
ブッシュを外してみると、片側の耳がちぎれていました。”右にずれたときに、左の耳がちぎれたのか”、それとも、”左の耳がちぎれてしまったために、抑えがきかなくなって右にずれてしまったのか…”
どっちが先かわかりませんが、とりあえずブッシュを所定の位置に付け直します。
DSC07469
はじめ右にずれていたので、残っている耳を左側にして組み付けしました。もし、右にずれる方向に力が働くのであれば、この方が長持ちする可能性があるからです。

再度試運転してみたところ、コトコトという異音は消えていました。再発した場合はブッシュ交換を視野に入れておくということで、しばらくはまだこのまま使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プジョー106 12ヶ月点検

DSC074321
プジョー 106 ラリーが12ヶ月点検で入庫しました。
DSC07446
ブレーキリザーバータンク内のブレーキフルード量を点検中です。
DSC07464
リアブレーキドラムを外し、ホイールシリンダーのブーツをめくってフルードが漏れていないか点検します。写真の状態は問題なしです。
その他、点検記録簿に準じた点検と、エンジンオイル、オイルフィルターの交換を実施しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金曜日)

ルノールーテシア 名義変更と納車

DSC074261
中古車で売れたルノー ルーテシア 16Vの納車に神戸まで行きました。
早朝に店を出発し、午前中に神戸市東灘区の神戸運輸監理部で名義変更を済ませ、午後から新オーナーさんのもとへ出向き納車を済ませました。
往復約700km、一日がかりの納車の旅でした。

写真は、新しいナンバーに封印をしてもらうために、神戸運輸監理部の駐車場でボンネットを開けて待っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木曜日)

アルピーヌA610 車高調整

先日、スプリングを交換したルノー アルピーヌ A610の続きです。
DSC07386
オーバーホールしたドライブシャフトです。アウター側ブーツを交換、インナー側はバンドとグリスを交換して、ブーツは再利用です。
DSC07393
ドライブシャフトを取り付けして、ミッションオイルを補充します。
DSC07398
水平な場所で車高を調整して作業終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水曜日)

求む!買いたし!アルピーヌA110

アルピーヌA110を探しています。
1300Gが希望ですが、それ以外のモデルでも相談に応じます。
現金で高価買取しますので、この機会にお問い合わせください。

電話 0562-44-7744
メール info@auto-caprico.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火曜日)

アルピーヌA610 スプリングレート変更

DSC073671
ルノー アルピーヌ A610のサスペンションスプリングを交換しました。
アラゴスタのサスペンションキットに変更しているので、任意のレートのスプリングに簡単に交換することができます。
DSC07365
フロントのショック+スプリングです。上が変更前、下が変更後で、約55%スプリングレートが上がってます。線径が太くなっているのがわかるでしょうか?
DSC07373
こちらはリアのショック+スプリングです。上が変更前、下が変更後です。こちらは約43%アップの強化スプリングです。
アラゴスタの特徴でもあるショックの全長調整機能を使って、任意の車高に調整できます。
DSC07377
左リアに取り付けしたところです。よく見るとまだドライブシャフトがついてないのがわかります。

ドライブシャフトを取り付けしたら、タイヤをつけて車高調整する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月曜日)

臨時休業のお知らせ

都合により9月16日(金)は臨時休業いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2台のハイドロシトロエン

DSC073441
シトロエン CX 25GTiとシトロエン エグザンティア ブレークの2台のハイドロシトロエン(1台はハイドラクティブですが)が車検・板金修理等で入庫しました。
設計年次の異なる2台、ハイドロの歴史を垣間見ているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並行輸入車届出書作成

DSC073451
先日入荷したルノー クリオ RS Team182の登録用書類のために運輸支局へ出向きました。
DSC07356
正規輸入車と違い、並行輸入車の場合は諸元表を作成して提出しなくてはならず面倒です。また、提出してから認可が下りるまでに時間が掛かるので、すぐにナンバーが付くというわけには行かないのです。
いろいろな資料をかき集め、フランス語に悩まされながら書類を作成しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日曜日)

アルピーヌA610 ドライブシャフトブーツ破れ

DSC073391
少し前に足回りをアラゴスタに交換したルノー アルピーヌ A610ですが、オーナーの好みに合わせてスプリングの設定変更にすることになりました。
また、同時に前回作業時にグリス漏れを発見した左のドライブシャフトのオーバーホールをすることになりました。
DSC07336
オイルが抜かれ、ドライブシャフトが外されたトランスミッションです。
DSC07331
外したドライブシャフトをよく見てみると、ブーツに大きな亀裂が入っていました。
まずはブーツ交換とグリスの入れ替えをしてドライブシャフトをオーバーホールします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シトロエンC2 エンジンオイル交換

DSC07287
シトロエンC2 GTがエンジンオイル交換で来店しました。
DSC072841
手前は当店デモカーのC2 GT、奥が作業中のC2 GTです。日本に12台しか輸入されなかった希少なC2 GTのこれまた希少なツーショット写真です。
DSC073131
希少と言えばこちらも。同時間帯に来店されたルノー クリオ RS Team182と、当店在庫車で現在、新規登録待ちのクリオ RS Team182です。輸入台数が十数台というこちらも希少なツーショット写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土曜日)

青いルノー

今日はいつものメンテナンスのお話ではないのですが…。
DSC072653
たまたまルノー車ばかりが5台集まっていたので、なんとなくスナップ写真を撮りました。
5台ともボディーカラーが青系ですが、全部バラバラで同じ色はダブっていません。おまけに全車左ハンドルのマニュアル車というのも日本ではちょっと珍しいのでは?と思わせる一コマでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金曜日)

ルノールーテシア エンジンオイル交換

DSC07237
納車整備中のルノー ルーテシア 16Vのエンジンオイルを交換しました。クラッチ交換、タイミングベルト交換等の大掛かりな作業は終わっているので、これが最後のメンテナンスメニューです。
DSC07245
オイルフィルターも交換しました。ルノー ルーテシア 16Vのオイルフィルターは本来アクセスしにくい場所についていますが、この車は、オイルフィルターが移設されていて作業しやすくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シトロエンXantia エンジンルームスチーム洗浄

DSC07235
12ヶ月点検で入庫中で、クーリングシステムに異常が見つかったシトロエン エグザンティア V-SX 16Vですが、その後、シリンダーヘッドガスケットが抜けていることが判明しました。
ヘッドガスケットを交換するついでに、ヘッドのオーバーホールをすることになり、現在、部品を手配中です。
作業の前に、何度もクーラントのエア抜きをして、錆色に汚れてしまったエンジンルームをスチーム洗浄しました。

http://caprico.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_7612.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木曜日)

シトロエンC5 ブレーキパッド交換

DSC07220
シトロエンC5 2.0のフロントブレーキパッドを交換しました。新しいブレーキパッドはクランツ ジガ ベーシックです。低ダストタイプで、不快なホイールの汚れを抑えます。
パワステホースを交換してもらってディーラーから引き取ってきて、ブレーキパッドを交換したのですが、その後、新たな不具合が発生し、再度クレーム修理でディーラーへ再入庫しました。
保証期間の残りがあと僅かなので、ギリギリで膿が出し切れればありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画ファイル削除のお知らせ

転送量が急増し、ネットワークに大きな負荷が掛かったため当ブログ内及びauto caprico.com内の全ての動画ファイルを削除いたしました。
動画をご覧になりたい方は、別途お問い合わせください。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水曜日)

シトロエンC5 車検継続検査

DSC078481
シトロエンC5 2.0の車検の継続検査を運輸支局で受けました。無事に車検を取り、パワステホース交換のため、シトロエンディーラーへ入庫しました。まだ保証期間が残っているので、ディーラーで保証修理をしてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火曜日)

ルノークリオ 新車入荷

DSC07201
5月下旬に発注をしていたルノー クリオ RS Team182が入荷しました。
DSC07202
これから書類をそろえて登録します。

アウト・カプリコでは正規ディーラーでは取り扱っていない魅力的なモデルの新車もお取り寄せできます。お気軽にお問い合わせください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シトロエンC5 スチーム洗浄

DSC071871
シトロエン C5 2.0の下回りとエンジンルームをスチーム洗浄しました。
DSC07189
最近の車はアンダーカバーが付いていて、どこかでオイル漏れが発生していても、地面に跡が残らないのですぐに発見ができません。この車もパワステホースから若干オイルが漏れていました。車体をスチーム洗浄したついでにアンダーカバーも洗浄しました。

まだ新車保証期間が残っているので、不具合のあるパワステホースは、シトロエンディーラーで交換作業をしてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月曜日)

シトロエンC5 車検整備

DSC07157
シトロエンC5 2.0の車検整備を実施しました。
DSC07167
タイヤが磨耗してスリップサインが出ていたので交換しました。タイヤ交換は業者さんにお願いし、作業車で来てもらって、アウト・カプリコ敷地内で交換作業を実施してもらいました。
DSC07178
上の写真はスロットルバタフライです。写真ではわかりにくいですが、内側がブローバイで汚れています。こういったところも、ガタやビスの緩みなどの不具合が無いかを点検してきれいに清掃します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土曜日)

プジョー106 ETC車載器取り付け

DSC07137
プジョー106 S16にETC車載器を取り付けしました。機種はパナソニックのアンテナと本体分離型です。アンテナはフロントガラスに直接貼り付けるタイプで、スピーカーが内臓されています。
DSC07143
パナソニックのETC車載器は、常時電源とアクセサリー電源の二つの電源の接続が必要です。電源の接続は、ステレオの電源から横取りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プジョー106 フューエルストレーナ交換

DSC07119
プジョー106 S16のフューエルストレーナ(フューエルフィルター)を交換しました。
DSC07126
試しに、使用済みのフューエルストレーナを逆さまにしてみたところ、中から汚れたガソリンが出てきました。分解してみないとフィルターの中身は見れませんが、これだけ汚れが出てくるところを見ると、中身は真っ黒なのが想像できます。交換した甲斐があります。
DSC07127
フューエルストレーナーは、ビンディングブレードと呼ばれるプラスチック製のバンドでタンクに固定されています。このビンディングブレードがちぎれている車をよく見かけるので、時々車の下を覗き込んで、フューエルフィルターがちゃんと固定されているか点検しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木曜日)

MCCスマート リアスプリング交換

DSC071031
MCCスマートがリアサススプリングの交換で入庫しました。
DSC07105
交換したスプリングはEibach製です。ユーザーさんの持ち込み部品なので作業のみ実施しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »