« お盆休みのお知らせ | トップページ | ルノーサンク エンジンオイル交換 »

2005年8月11日 (木曜日)

シトロエンXantia シフトケーブル交換

シトロエン Xantia VSXのシフトケーブルを交換しました。
この車は、高速道路のサービスエリアでシフトがバックに入ったまま動かなくなり、急遽修理入庫しました。
DSC06768
キャタライザーを外して遮熱板を横にずらすと、シフトケーブルが見えてきます。
DSC06778
シフトレバー部分を分解して、新しいシフトケーブルを組み付けたところです。古いシフトケーブル(軍手の上)は見事にちぎれていました。
シフトケーブルの被覆が破れるなどして水が浸入し、ケーブルが錆びて動きが悪くなってくると、最悪の場合、このようにシフトケーブルが破断されてしまいます。
DSC06779
オートマチックトランスミッション側の接続部分です。写真ではまだカバーが付いていませんが、ケーブルが切れて立ち往生してしまった場合、この部分のジョイントを外し、ギアボックスのレバーを直接動かすことによって、N(ニュートラル)やD(ドライブ)にすることができますので、覚えておくと便利です。

|

« お盆休みのお知らせ | トップページ | ルノーサンク エンジンオイル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/5421623

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンXantia シフトケーブル交換:

« お盆休みのお知らせ | トップページ | ルノーサンク エンジンオイル交換 »