« スーパーユーロトロフィーA オンボードカメラ | トップページ | シトロエンXantia モチュール・ケア・システム »

2005年8月 2日 (火曜日)

シトロエンXantia レギュレータースフェア交換

シトロエン Xantia VSXがハイドロ系のメンテナンス等で点検・修理入庫しました。
DSC06698
まずは、フロントサスペンションのレギュレータースフェア(別名アディショナルスフェア)を交換しました。錆で固着しているのに加え、スフェア自体がパンクしていて圧力が抜けず、はずすのにかなりてこずりました。
上の写真はレギュレーターのパイプを少し緩めたところです。圧力が抜けきれていないので、LHMオイルが泡になって吹き出ているのがわかります。
(本来ならば、もっと簡単にスフェアだけの交換ができるのですが、今回は事情があってバルブやパイプを外す必要がありました。)
DSC06703
新しいレギュレータースフェアが付きました。
DSC06705
フロントブレーキホースを、当店オリジナルのステンレスメッシュブレーキホースに交換しました。信頼性の高いEARL'Sのアタッチメントを使用しています。
DSC06712
こんな感じで車両につきます。ステンレスメッシュホースは耐圧性と耐久性に優れています。

サスペンションとブレーキのエア抜きをして作業終了。と、いきたいところですが、まだ他にも依頼をうけている作業があるので、今日のところはここまで。続きはまた明日以降に作業する予定です。

|

« スーパーユーロトロフィーA オンボードカメラ | トップページ | シトロエンXantia モチュール・ケア・システム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/5282057

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンXantia レギュレータースフェア交換:

« スーパーユーロトロフィーA オンボードカメラ | トップページ | シトロエンXantia モチュール・ケア・システム »