« シトロエンSaxo リサーキュレーションモーター交換 | トップページ | プジョー306 継続検査 »

2005年6月 9日 (木曜日)

シトロエンSaxo クーラント交換

DSC05610
シトロエン サクソVTSのクーラント交換をしました。既存のクーラントを抜いたあとに、冷却回路に水道水を良く流して洗浄します。
DSC05614
新しいクーラントはERG TIFONE パワーアップクーラントを使用しました。このクーラントは原液100%のまま使用するクーラントです。冷却回路を完全に空にしたあと、TIFONEを入れ、エンジンを掛けてエア抜き作業をして終了です。
TIFONEは、細分化された分子構造により、熱交換効率を飛躍的に向上させます。また、流動抵抗が少なく、冷却系統への負担を軽減させます。これから暑くなる夏に向けておすすめのアイテムです。

|

« シトロエンSaxo リサーキュレーションモーター交換 | トップページ | プジョー306 継続検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/4488623

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンSaxo クーラント交換:

» シトロエン [世界の自動車メーカー]
シトロエンシトロエン (Citroen) は、フランスの自動車製造会社である。独自のサスペンション機構である「ハイドロニューマチック(イドロプヌマティク) hydropneumatique」を採用していることで知られている。現在は、プジョーと共にPSA・プジョー・シトロエングループ|PSAグループを...... [続きを読む]

受信: 2005年6月11日 (土曜日) 午前 12時17分

« シトロエンSaxo リサーキュレーションモーター交換 | トップページ | プジョー306 継続検査 »