« プジョー106 ストラットタワーバー取り付け | トップページ | プジョー306 クーラント漏れ修理 »

2005年5月10日 (火曜日)

プジョー106 ショックアブソーバー交換

DSC04860
プジョー106 S16のショックアブソーバーを交換しました。まずは、作業が楽なリアから。新しいショックアブソーバーはビルシュタインです。イエローのボディーとライトブルーのブーツがまぶしいです。
DSC04864
フロントの交換作業はちょっと面倒です。ドライブシャフトを外すのではじめにギアオイルを抜いておきます。
DSC04867
ストラットを外し、ケースから古いショックアブソーバーが出てきたところです。ショックアブソーバーの交換と同時に、スプリング、アッパーマウント、スラストベアリングなども交換します。スプリングはビルシュタインとの相性が良いH&R製です。
ビルシュタインのロッドが太く見えるのは、倒立構造だからです。ガス式単筒ダンパーで高剛性、わかる人だけわかる嬉しいスペックです。(すいません、うまく説明できないので端折りました・・・・)
DSC04873
ロワーアームのブッシュも交換します。ロワーアームのリアのマウントは室内側から固定されています。運転席はペダル類が、助手席側はエアコンのドレーンホースが邪魔で作業しにくい箇所です。
DSC04877
ビルシュタインダンパーとH&Rスプリングを組んだストラットと、ロワーアームです。今回使用したビルシュタインダンパーは街乗り用の”コンフォート”ですが、スプリングにあわせてショートストロークをチョイスしました。
DSC04881
写真はまだ作業の途中ですが、車体に取り付けるとこんな感じです。右側も同じ内容の作業をして終了です。

|

« プジョー106 ストラットタワーバー取り付け | トップページ | プジョー306 クーラント漏れ修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/4074043

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー106 ショックアブソーバー交換:

« プジョー106 ストラットタワーバー取り付け | トップページ | プジョー306 クーラント漏れ修理 »