« プジョー106 ショックアブソーバー交換 | トップページ | プジョー306 オーバーヒート修理 »

2005年5月11日 (水曜日)

プジョー306 クーラント漏れ修理

DSC04900
プジョー306からクーラント漏れが発生しました。リフトアップして下から見てみると、どうもウォーターポンプが怪しいです。タイミングベルトのカバーを外してエンジンを掛けてみたところ、ウォーターポンプの軸付近からポタポタ・・・・と。やっぱりウォーターポンプからクーラントが漏れていました。こうなるとポンプを交換するしかありません。
DSC04914
クーラントを抜き取り、ウォーターポンプを交換しました。同時にタイミングベルトも新品に交換します。外したものを元通りに戻し、クーラントを補充してからエンジンを掛け、ラジエターのエア抜きをして終了です。

・・・・と、なるはずだったのですが、
DSC04920
水温が上昇しても電動ファンが回らず、エア抜きどころか、クーラントを噴き返してしまいました。どうやら、クーラント漏れの他にも、オーバーヒートが発生していたようです。
水温センサーやファンモーターの点検が必要ですが、今日のところは時間切れなのでこの辺で。

|

« プジョー106 ショックアブソーバー交換 | トップページ | プジョー306 オーバーヒート修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/4085626

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー306 クーラント漏れ修理:

« プジョー106 ショックアブソーバー交換 | トップページ | プジョー306 オーバーヒート修理 »