2022年8月16日 (火曜日)

プジョー205のエンジンマウント

Img_8284a
プジョー205です エンジンチェックランプが点灯する理由はまだわからないままです
Img_8285
エンジンマウントを交換します
Img_8287
強化タイプがついていて振動がすごいのでノーマルタイプに交換です
Img_8291
ユーザーさん持込の社外品ですが、バッファがやや小さいような?
ステンのプレートがないので余計に隙間が気になりますが、まあしょうがない
Img_8293
バッテリーの下のミッションマウントも交換
Img_8294
こちらもノーマルタイプに変更です
Img_8295
下側のエンジンマウントはドライブシャフトが貫通しています
Img_8296
そのドライブシャフトのブーツにヒビがあるので、こちらも同時に作業します
Img_8300
ドライブシャフトをはずしていきます
Img_8303
エンジンマウントがブラケットごとはずれました
つづく

| | コメント (0)

2022年8月15日 (月曜日)

プジョー205のデータリンク

Img_8271
入庫中のプジョー205はときどきエンジンチェックランプが点灯するそうです
エラーメモリーを確認したいところですが、この辺りにあるはずのダイアグソケットがありません
Img_8272
右ハンドル車のエンジンECUは運転席の膝あたりにあります
もしかしたらこの辺りにダイアグソケットがあるのかも?とあちこち探しましたがやっぱり見つかりません
Img_8274
エンジンECUを外してみました
Img_8275
いっそ、エンジンECUから直接取り出せたりしないのかな?
Img_8276
分解してみます
シリコンで埋められてない これはラッキー
Img_8278
2本の配線をあそことあそこから取り出します
Img_8280
ケースの隙間からつないだ配線を出して、蓋をしました
Img_8281
エンジンECUを車両に戻して
Img_8282
さあどうだ!
期待してたんですが、シーケンスが始まらない
うまくいきませんでした あらら困ったな

| | コメント (0)

2022年8月14日 (日曜日)

アルファ156車検

Img_8232a
アルファロメオ156V6が車検で入庫です
Img_8245
まずはいつものバッテリーとオルタネーターの点検
Img_8261
ECUメモリー点検
Img_8262
両バンクノックセンサーのエラー
Img_8268
とりあえず消えました
消えずに残ってるエラーはいつものやつ
Img_8239
まさかとは思ってましたがやっぱり ドライブブーツ破れ
部品屋さんはどこも夏休みですぐに作業出来ません
Img_8250
エアコンの点検
Img_8249
毎日暑いですからね「エアコンはしっかり効いてもらないと!」です

| | コメント (0)

2022年8月13日 (土曜日)

プジョー205のヘッドランプ

Img_8178a
プジョー205が入庫です いくつか作業します
Img_8191
まずはヘッドランプ グラグラするそうです
Img_8193
ボスが折れていました
Img_8194
割れもあります
Img_8201
割れて裂けないようにワイヤーで縛って接着剤でくっつけました
接着剤の中にもワイヤーが入ってます
Img_8207
とりあえず固定できました また折れないといいのですが
Img_8185
続いてエアコンの点検 効きがいまいちですが、目視ではひどい漏れは見当たりません
Img_8215
ひとまず蛍光剤とガスの充填をします
Img_8231
吹出口温度が4℃まで冷えるようになりました
4℃になるとコンプレッサーが切れます
これでしばらく観察してみます

| | コメント (0)

2022年8月 9日 (火曜日)

ミラジーノのATオイル漏れとオルタネータ

Img_8133a
ダイハツミラジーノ 日本車はあまり扱っていませんが、既存ユーザーさんのセカンドカーだったり、家族の車だったりで、時々作業のご依頼をいただくことがあります
Img_8134
オートマチックミッションのオイルが漏れています
以前、ドレンワッシャーを交換してみましたが効果はありませんでした
Img_8143
オイルパンをはずしました
そのままではメンバーが邪魔でオイルパンを外せなかったので、マウントを切ってエンジンごと持ち上げています
Img_8145
オイルパンを交換します リブが増えて形状が変更されているようです
鉄粉を寄せ付けるマグネットの取り付け位置も変更されています
Img_8150
新しいオイルパンの取り付け
ドレンワッシャーの当たり面がきれいな平面じゃないように見えるのは気のせいでしょうか
取り付け穴が一箇所だけネジ山が潰れていてトルクが掛からないところがありました
ネジ山修正したくても、メンバーが邪魔で作業できません
ATオイルを充填して様子見です
Img_8160
もう一つ、バッテリー上がりでエンジンが始動出来ないことが数回あったそう
暗電流値は問題なかったですが、オルタネーターの方に問題あり
レギュレター電圧が安定しなかったり、リップル波形もおかしかったり
Img_8165
ということでオルタネーター交換
Img_8168
リップル波形に問題なし
Img_8174
レギュレター電圧も今のところ正常
Img_8177
バッテリーは満充電
まだスタート容量が残っているので交換はしません

| | コメント (0)

2022年8月 8日 (月曜日)

シトロエンC3納車整備

Img_8107a
2020年式のシトロエンC3 シャイン 販売車両です
納車整備をします
Img_8111
エンジンルームと下回りの洗浄
Img_8108
もちろんホイールの内側も綺麗にします
Img_8095
エアーフィルター点検
Img_8099
3気筒エンジンなのでスパークプラグは3本
電極の摩耗だけでなく、ガス抜けのチェックも重要です
Img_8120
エンジンオイルとオイルフィルター交換
Img_8119
タイミングベルトはエンジンオイルに浸っています
ミスマッチなオイルは重大なエンジントラブルの原因になります
Img_8117
エアコンフィルター交換
Img_8125
下回りと足回りの防錆処理
Img_8127
新車保証が残っているので、正規ディーラーで継承手続きをする予定です

| | コメント (0)

«夏休みは